追悼・Game of Thrones(E6)

というわけで終わったGame of Thrones。どうも皆さんお疲れ様でした。

Episode 6も、もうちょっと詳しく説明してほしいてか脚本がすでに「今北産業」的な感じの端折りまくりのオンパレードだったわけだが、約8年にわたるシリーズがめでたく完結したわけで、そう思うとぐちぐち文句を言うのもなんかなと思って(比較的)前向きな振り返りをば…。

ストーリーについて言いたいことは山程あれど、やっぱこんだけ、オオン?!って展開になったのは話数の少なさのせいだったと思う。今回のシーズン8なんて2シーズンくらいかけてよかったのではないか。あまりにも古き良きGoTが恋しくなるのでシーズン2などを見ているわけですが、たとえばJonとYgriteの出会いなんてシーズン2からシーズン4の2シーズンかけているわけで、シーズン7・8で最終的に非常に重要となってしまったJon-Daenarysの関係を描いてしまったのは物足りなすぎたんだと思う。シーズン7なんて半分通奏低音のようにBend the kneeって言ってただけだしな…。
あとシーズン初期では、物語の構成上、Meanwhile, …の描き方が多かったと思う。一つのエピソードに3場面くらい出てきており、北部の話が一通り描かれればKind’s Landingに話が移り、それが一通り描かれればDothrakiの話に移り…といったように複数の国での出来事が折り重なって描かれるために重厚感が生まれていた。

シーズン7/8では(まともに戦える国がそもそもなくなったということはあれど)そういう描かれ方がほとんどなくなってしまっていた。今回のエピソード6も、虐殺の憂き目にあったKing’s Landing/Dany及びそれを信じるGrey WormやUnsullied/Jon及び迷うTyrion、+ hopefully Davos/Danyを疑うSansaおよびArya、くらいのくくりは生まれ得て、そこでのやりとり・策略がもっと詳細に描かれてもよかったはず。と考えるとシーズン8はもういまの話を書くのでもうカツカツであり、まあ今回のオチにするにしても話数足りませんでしたねってことで終わるってなわけ。

あと最後にちょっと言いたいんだけど、カメラ/演出もあんまり上手ではなくなってたような気がする…。「いかにも」というようなシーンが多すぎて。Night Kingの戦いのときのドラゴンが夜空を飛ぶシーンや、Danyとドラゴンの翼がシンクロするシーンだとか。

いやはやしかし話にしても実はA Song of Ice and Fireが物語になりました〜とかSamが普通選挙を提案するところだとか、どう考えても思慮の足りない人が現在に引きつけて考えただけの脚本がお粗末すぎて…ううう…う…

まっまっま、これ以上話すんだとしたらGeorge RR Martinの新作待ちましょうよとしか言えないわけで、しかしGeorgeもかなり健康状態がね…心配ですが…。となるともうGame of ThronesのTrue endはあなたの胸の中!そう思ってただキャストの動画を探し求める地縛霊になるのであった…